それでは実際に交通事故の被害にあった方が、弁護士に依頼をして慰謝料をはじめとする損害賠償を請求する場合、一体どのようなお金を受け取ることができるのでしょうか。

相手から提案される示談金の中にはさまざまな項目が含まれているのです。その詳細を理解することは大切です。まず治療費があります。これは治療の終了時点までに必要となる治療費のことです。相手の保険会社が病院の方に直接連絡をして支払われることが多いのですが、場合によっては労災保険や健康保険を使った方が良いケースもあります。弁護士によく相談をしておくべき点です。

通院通院時に必要な交通費についても請求できます。入院をすることになったならば、その際の雑経費も請求できます。裁判基準ではこれは1日あたり1,500円程度とされています。付き添い看護費も必要であれば請求できます。交通事故の被害によって仕事を休むことになったならば、それによる減収分の損害を請求できます。これを休業損害といいます。

これらに加えて傷害慰謝料というものを請求できます。もし後遺障害が残ったならば、それによって将来の収入が減ると考えてその分のお金を逸失利益として請求できます。また、後遺障害があるならば、後遺障害慰謝料というものを請求可能です。このようにさまざまな費用を請求できます。

Pocket